• ⇒クリックすると本文の文字サイズを変更できます
  • 特大

福島の置き去り犬、まだまだ生きています!

【ロード・オブ ザ ご当地ー目玉おやじと旅するー】さんのブログ
福島の犬まだまだ生きています!

http://medamakune.blog117.fc2.com/blog-entry-278.html
 
福島の放射能汚染地区、特に退避地区では、急いで避難を迫られた時、犬を連れていけない飼い主さん達が、辛い思いで、たくさんの犬の鎖をを放して避難されました。そんな置き去り犬達のレスキューが始まっています。また上記ブログで、その様子が日々報告されています。(ブログ管理者様にお断りして掲載しております)
私がその立場だったら・・・自分を責め、その安否を思って夜も眠れないでしょう。現場ではその保護に、レスキューさんが頑張っています。早く保護され、早く飼い主さんに安否を知らせ、再会させてあげたいです。
アニマル・ファインダーの署名まだまだ続けます!
【Googleさん、アニマル・ファインダーを!電子署名】                             電子署名サイト⇒ http://idea-tech.sakura.ne.jp/signature/
***********::*********************以下ブログの記事より**********************:*************:::::
まず、本日、栃木県の若い男性 Iさんがすでに現地に入って、牛のエサやり・水換えなどをしてくれています。
彼は、昨日の私の救援要請に即座に応えて、東北道を飛ばして、福島に来てくれました。
昨日、保護できなかった犬たちがまだまだいます。数も多く、エサやりだけをして、すべての集落を回ることなどとてもできなかった。下は保護できなかった犬たちの一部です。


▲飼い主が乗り捨てていったと思われる車からはなれない柴犬。
性格も穏やかで、保護しようとがんばったが、結局、われわれの車には乗ってくれなかった。
ケージが無いためやむをえない。とはいえ、夫がリードを付け散歩させたところ、嬉しそうに歩く。
好きだった飼い主は、男性なのかもしれない。





 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
▲すでに、「現地で一人で保護やエサやりをしている女性Oさん」に心を開き始めた柴犬。
保護できていない。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▲かなり奥深い山間部、複数の犬たちがグループを作り行動しはじめていた。
写真一番奥の白い子の状態が一番悪く、Oさんが発見したときは、リードがからまり、血だらけで、
雪を被り、震えていた。Oさんの懸命な看護により、少し回復したようだが、相変わらず目はほとんどつぶれているようだ。写真には写っていないが、これ以外にレトリバーなどの大型犬を含む4匹、合計8匹。まだ保護できていない。
私たちの車を追いかけてきて、どうにも辛かった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

▲美しかったであろう毛並みも、
ぼろぼろになったセッター。彼もまた私たちを追ってきた。
保護できていない。

場所は、南相馬市浪江町津島から、浪江区室原 周辺。

※制限エリアについて等、まだまだ状況が不透明だけれど、引き続き支援をお願いします!
待っています。azukow@snow.plala.or.jp

馬・牛・猫もいます。
 
また、私の所に、最近出来たアニマル・ファインダーというGoogleそっくりに作られたサイトをみて、「出来たのですか?」「もう署名はいらいないですか?」という問い合わせがたくさんきています。このサイトは、私達の声を聞いた、個人の方が作られたサイトです。 たくさんの方々の掲示板は、皆さま善意で行われていることでこの活動に関しても尊重いたしますが、Googleさん、アニマル・ファインダーを!の賛同者の私達の願いは、パーソン・ファインダーで力を発揮したような、行政や、団体や個人が安心して個人情報を出せる、それによって全ての情報がここ集約されて集まり、飼い主さんがより早く見つけられる、そのようなサイトだと思います。Googleのような、大企業による、大量の情報をきちんと整理でき検索出来るサイトですので、この匿名の方が主催される「アニマル・ファインダー」とは全く無関係であり、署名活動は継続です!また、誰の主催かという問い合わせについて、このサイトの問い合わせフォームでメールをしましたが、相手には届かない設定になっていますので、匿名の個人としかわかりません。みなさんの一つ一つのメールにお返事できず申し訳ありません。
★すでにたくさんの団体がそれぞれお持ちの保護捜索情報サイトはこちらにまとめてあります。    http://blogs.yahoo.co.jp/tom_tamiya/2543661.html
Piroronさんのブログ【ひどい!双葉町民避難し犬猫遺棄・強要】
(今、この遺棄強要が事実なのか、ニュース・ソースを深く検証する時間がないのですが、今のところ実名を出しているレスキューの今木さんからのソースということだけ分かりました。遺棄を迫られた当事者の発言ではないので真偽の判断が難しいですが、まだ救える命があるかもしれないので、ご参考までに引用します。また上記のめだまおやじさんに、このような話があるがと伝えました。)
追記(4/2:pm18:00) このニュースの源泉の「風の夢」の掲示板で、代表が「当事者からの話ではない」と発表されました。事実かどうかは不明なまま、レスキューに行かれた方も。http://www.fu-noyume.sakura.ne.jp/php/bbs/index.php?m=pc&a=topicComment.view&topic_id=5#comments 


転載元:おひとりさまとパグな日々

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック